映 像 を 楽 し も う ! !

世 田 谷 の 映 像 制 作 会 社 ハ イ デ ー に よ る
" 映 像 を 楽 し む ス ス メ " を 目 的 と し た ブ ロ グ
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
会社案内
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
映像会社のお仕事メモ8

こんにちは
ハイデーの横さんです。

ハイデーではダビング作業も行っています。
多くはVHSテープからDVDが多いのですが
昔にとった8mmフィルムやベータカムを持ってこられる方もいます。

先日16mmフィルムについてお問い合わせがありました。
50年ほど前のものということですが、大切な映像は今でも見たいものですよね。

私は16mmフィルムを活用していた年代ではなかったので、
16mmフィルム少し調べてみました。

16mmフィルムとは・・・・

8mmフィルム・35mmフィルムが有名ですが、
1923年から登場して主に映画の機材として使われていたもの。長さは30.5m、40m、65.6mが一般的で、長さに応じて収録時間がことなる。
専用の映写機が必要。(主に35mm用映写機で利用可能なようです)
フィルムの長期保存はフィルムの素材、現像等の処理、保存状況(低温、低湿、ホコリの少ない環境)によって異なる。→これはどんなテープでも言えますね。

フィルムは映写機のカタカタという音がしてノスタルジックで味があるものです。
最近では映画もフィルムを使わない人もいるそうです。
フィルムの良さ、デジタルの良さそれぞれに良い点悪い点があると思うので
すべてデジタル化してしまうのは何だか寂しい気がします

テープでお困りの方は一度ハイデーにご相談ください

| ダビング | 14:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
DVD-VRとDVD-VIDEOの確認の仕方
DVD-VRについて昨日お話しましたが、
では、実際のDVDがどのフォーマットの種類なのか
調べたいと思う方もいらっしゃると思います。

今日は、その確認法をお知らせします。



まず、PCを立ち上げ、DVDを入れます。
次にマイコンピュータより、DVDのアイコンを右クリックします。
そして、エクスプローラを選びます。

すると、VIDEO_TSというフォルダが確認できると思います。
確認できたら、これは、DVD-VIDEOで、それ以外のDVD_RTAVと
いうフォルダが表示されたら、こちら、VR方式ということになります。
VRはデッキによって、対応していないものも多いので、DVDが
見れないといった方は、こういう方法でまず、方式を確認してから、
メーカー等に問い合わせるとよいのではないでしょうか?

確認してから、
| ダビング | 18:26 | - | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
DVD-VRとは
多くの人がDVDを楽しまれていると思いますが、
DVDには、DVD-videoをはじめDVD-RやDVD-RWなど
いろいろなフォーマットがあります。



その中にDVD-VRというものがあるのですが、
まず、DVD-VRというのは、録画した映像を自由に分割・結合・カット等の
編集ができ、二重音声放送を録画した場合、実際の放送と同じように
二重音声切り替えができたりする利点があります。

しかし、こちらのDVD-VR、デッキ等によっては、再生できないものも
多く、誰か別の人に配布したりするのには、不向きですので、
互換性の観点からいうと、別のフォーマットを使うのがよいでしょう。

| ダビング | 18:30 | - | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
エフェクトで演出する
ビデオ編集において、イメージ映像やプロモーション映像などで、
少し、古さを演出したい時、こんなエフェクトをしてやると、
雰囲気が出ます。



セピア色にして、そのシーンを流すと、古めかしい懐かしさ的なシーンが
演出できます。
これは、ちょっとした一例ですが、このように、エフェクトをかけること
によって、様々な演出ができますので、いろいろ試してみてください。


| ダビング | 17:10 | - | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
ファイナライズを忘れずに
ファイナライズを知っていますか?
DVDを録画したりすると、VHS等のテープと違い、
そのままでは、他のデッキ等で再生できません。



録画したデッキでは、再生できるのですが、他のデッキで
再生できないのは、不便です。
そこで、ファイナライズという作業をする必要がでてきます。
他の人にDVDを見せたりする場合、デッキに入れたら、再生できない
では、困りますからね。
是非お忘れのないようにしましょう。
| ダビング | 17:49 | - | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
一度に複数枚のDVDコピーをする
昨日はVHS→DVDのお話をしましたが、
もちろん、DVD→DVDもできます。
一般的には、PCのデータ書き込みソフト等で
コピーされたりしていると思いますが、
弊社のような業者では、デュプリケーターという
コピー専用の機械を使ってコピーします。



このデュプリケーターを使うと一度に複数枚コピーできるので、
何枚もコピーが必要な場合に便利です。
例えば、自分の作品を10人に配りたいとか考えている方が
いらっしゃいましたら、弊社まで、ご連絡くださいね。

| ダビング | 14:17 | - | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
昔の作品や思い出をDVD化しよう
最近めっきりVHSを見なくなりましたよね。



時代は完全にデジタルに移行した観があります。

かつては毎日大活躍した弊社のVHSダビングシステムもすっかり
出番が少なくなりました。

そんなVHSで録りためた作品や思い出映像をDVDに変換しませんか?
弊社では、VHS→DVDのダビングも行っておりますので、
DVDにして残したい方は、是非ご連絡くださいね。

※著作権のある番組や映画等のダビングはお断りしております。

| ダビング | 18:12 | - | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
DVDの盤面に印刷しよう
作品をDVDにして、誰かに配る場合、
そのまま、DVDを渡すより、DVDの盤面に
印刷を施してやると、わかりやすい上に
見た目もきれいでよくなります。



直接映像には関係ありませんが、ちょっとした工夫で、
見る人によりいい印象を与えられるのでおすすめです。
| ダビング | 17:55 | - | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
たくさんの人にDVDを配る際には
作成したDVDをコピーするにあたり、皆様は1枚1枚PCで
コピーされてるかと思いますが、私共はデュプロケーターという
専用の機械で1度に数枚ずつコピーしております。



これがあると1度に数枚ずつコピーできるため時間短縮になり、
大変便利です。
撮影や編集には直接関係ない機械ですが、最後にDVDにしてこそ
作品です。
その作品を多くの人に配る時などはたいへん便利ですね。
もちろん、個人でこのような専門機器を持つのはたいへんですので、
コピーの際には、弊社にご連絡ください。
| ダビング | 17:24 | - | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
盤面印刷でヴァリューアップ!!
ちょっと小雨がぱらつく週末ですが、
調子はいかがですか?

今日は映像ではなく、出来上がった作品のDVDを
さらに価値あるものにするお話です。

出来上がったDVDを人に渡したり、あるいは、
わかりやすくちゃんと整理できるように
するために、盤面に内容やタイトルを書き込んだりしてると思います。

でも、どうせなら、キレイな盤面にしたいですよね。

そこで、盤面印刷です。

絵や写真、様々なフォント等で作られたきれいな盤面だと
いかにも作品といった感じで再生する前からワクワク
しますよね!

また、印刷するDVDの盤面にも種類がありまして、
弊社では、よく普及しているマイクロボード印刷という紙質の
盤面に印刷するものとウォーターシールド(耐水)ディスクという
大気中の湿気の影響を受けにくくて特殊なコーティング技術により、
耐水性がアップした、高品質なものを使っております。

ちょっとした配布用や個人用の簡単なものは、マイクロボードで、
永久保存版作品やセミナー映像などの商品目的のものは、
より高品質で経年劣化、色あせのないウォーターシールドで
オススメですよ!

また、弊社では、文字情報のほかイラストレーター、
フォトショップ等を使って、絵や写真を入れるのにも
対応しています。

映像が完成したらそのDVDも見栄えをよくしましょう!
満足感が違いますよ!


撮影・編集ならおまかせハイデー
| ダビング | 16:47 | - | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP