映 像 を 楽 し も う ! !

世 田 谷 の 映 像 制 作 会 社 ハ イ デ ー に よ る
" 映 像 を 楽 し む ス ス メ " を 目 的 と し た ブ ロ グ
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
会社案内
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< セミナー撮影 ライン収録で気をつけること | main | セミナー撮影 ケーブルの準備 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
セミナー撮影 ライン収録で気をつけること その2
ライン収録はミキサーがなくとも録れる

 

セミナー撮影におけるライン収録について

前回から解説しておりますが、ライン収録というと、

しっかりした音響設備やミキサーなどから録るという

イメージがあります。

 

ですので、しっかりした設備のあるホテルやホールなどの

イベント施設のみでの話と思うかもしれません。

 

しかし、実は貸会議室の簡易PAシステムからも

録れる場合があります。

 

 

音響設備は簡素であっても要確認

 

見るからに簡素な設備であっても、

チェックしてみる必要があります。

 

ちゃんと出力がある場合があるからです。

この場合、XLRの端子の場合はまず無く、

ホンジャックと呼ばれる、ヘッドホンやイヤホンの

端子と同じ端子での出力の場合が多いです。

 

従って、このホンジャックの端子のケーブルや変換端子を

準備しておくと良いでしょう。

また、ホンジャックには大きさが大きいものと小さいものが

ありますので、この変換も併せて準備しておくと

間違いないでしょう。

 

 

 

 

 ハイデーのセミナー撮影はこちら / http://www.zeican.com/

 

 

 

 

 

 

 

| 撮影 | 18:31 | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 18:31 | - | - | pookmark |↑PAGE TOP