映 像 を 楽 し も う ! !

世 田 谷 の 映 像 制 作 会 社 ハ イ デ ー に よ る
" 映 像 を 楽 し む ス ス メ " を 目 的 と し た ブ ロ グ
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
会社案内
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< セミナー撮影 ライン収録で気をつけること その2 | main | セミナー撮影 スライドの撮り方 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
セミナー撮影 ケーブルの準備
部屋にあったケーブルを準備する

 

セミナー撮影では、マイクにしろ、ラインにしろ

カメラと繋ぐためのケーブルが必要となります。

 

このケーブル、業務用の場合は、キャノン(XLR)ケーブルですが、

民生機などでは、RCAやピンなど機材にあったケーブルを

用意することになると思います。

 

そして、その準備するケーブルはその用途によって

長さを合わせておくと便利です。

 

 

有線、無線で長さは変える

 

ラインの場合は、出力のある場所からカメラまでの

距離が足りる長さにします。

 

有線ピンマイクの場合は、ラインと同じでカメラと演者までの

距離で合わせますが、ラインと違い、演者がある程度動けるように

余分目に長さを準備する必要があります。

 

ワイヤレスのピンマイクを使用する場合は、

逆に短めのケーブルでカメラと受信機を繋ぎます。

 

このように集音する機材によって取り回しがしやすい

ケーブルを使うと無駄もなく、効率的な撮影が

できるでしょう。

 

 

 

 

 ハイデーのセミナー撮影はこちら / http://www.zeican.com/

 

 

 

 

 

 

 

| 撮影 | 20:16 | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 20:16 | - | - | pookmark |↑PAGE TOP