映 像 を 楽 し も う ! !

世 田 谷 の 映 像 制 作 会 社 ハ イ デ ー に よ る
" 映 像 を 楽 し む ス ス メ " を 目 的 と し た ブ ロ グ
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
会社案内
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< セミナー撮影 スライドの撮り方 | main | 2018年はweb動画で決まり >>
セミナー撮影 撮影位置はどこがいい?
撮影位置を決める

 

セミナー撮影で会場についてから一番最初に

やることは撮影位置を決めることです。

 

その位置はどこがいいでしょう?

 

最前列ですと、演者やスライドとの距離が近すぎて

画角が不自然になる場合が多く、

中央部ですと、撮る側は良くても

受講者にとって見えづらい場合も多く不親切です。

 

セミナーは撮影より受講者の方が大事ですので、

総合的な観点より、最後部正面が一番選択される

位置でしょう。

 

 

 

最後部から撮る際の注意点

 

最後部から撮る際、気を付けなくてはならないのが

演者やスライドと前方に座る受講者との被りです。

 

可能であれば、最前列には座らないでもらうとか

演者のスペースに台を置いて演者を高くするなど

するとよいでしょう。

 

スライドに関しては、作成する際あまり下の位置まで

文字や画のデータを入れないでおくなどすると

問題が軽減できます。

 

また最後部に設置する場合、遅れてきた人が

カメラを横切る場合もありますので、

そのあたりの注意も事前に運営者に対処してもらうように

伝えておくとよいでしょう。

 

あるいは編集で横切った箇所をスライドで差し替える

等も方法としてあります。

 

このような点を注意しつつ撮るとよいでしょう。

 

 

 

 

 ハイデーのセミナー撮影はこちら / http://www.zeican.com/

 

 

 

 

 

 

 

| 撮影 | 18:11 | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 18:11 | - | - | pookmark |↑PAGE TOP